人材不足の職場を働きたい職場に変える方法

人材不足の職場を働きたい職場に変える方法

¥1,580 (税込)

商品コード:978-4-86546-126-8

配送は日本国内に居住されているお客様に限らせていただきます。
また、配送先に関しても日本国内とさせていただきます。

数量:
増加 減少
  • 書籍の配送は佐川急便の宅配便を利用します。一部地域(離島など)は佐川急便の通常便対象外となり郵便での配送となります。
  • 当社営業日の正午までにご注文いただいた商品は、当日中に発送致します。
    正午以降にご注文いただいた商品は、翌営業日の発送となりますのでご了承ください。
  • 落丁・乱丁の場合はお取り替え致します。電話、またはフォームよりご連絡ください。
    着払いご返品後、当社送料負担で良品と交換致します。
    (商品の性質上、雑誌・書籍の返品はお受けしておりません、ご了承ください。)

目次

 

第1章 あなたの職場はなぜ、人材不足から抜け出せないか

 

狄径喚瓩箸いΕーワードから見えてくる現状/数字データで見れば、人材は十分に存在している/女性の復帰には、「時間」と「家族への負担」のブレーキがかかっている/必要なのは時間で働ける人か、園を一緒に発展させてくれる人か、の選択/「少子化だから仕方がない」「近頃の人間は根気がない」と言い訳していないか/辞めたいという職員の「本当の理由」に、耳を傾けているか/職場の人間関係の悪さは、退職理由の原因を生み出す/働く女性を「使い捨てる」「軽んじる」感覚を無意識に持っていないか/経営者と職場の良し悪しを、女性はシビアに見ている

 

 

第2章 「保育士」の資格を、採用後に取得!?

 

資格を持たないスタッフ採用に園内から批判の嵐/さまざまな体験と経歴を持つ職員を増やしたい!/社会人1年目と保育士1年目、二つのプレッシャー/資格希望の女性は、専業主婦を中心に幅広い年齢層に存在する/受験に必要な実働勤務と学習支援をサポート!/「保育士」資格を持つ人材には国からの補助金がつく!?/保育士の給料を上げるためにできること

 

 

第3章 よろこびのある場所で女性は育つ

 

時給で心は動かない/「俺は跡継ぎ。みんな、言うことは聞いてくれるはず」の大いなる誤解/トップは自ら挨拶し、ねぎらい、感謝する姿勢を持つ!!/女性だけの集団の中に、男性を入れるとどうなるか?/猴念瓩箸いΧδ未量榲を持った女性の集団は強い!/組織は3の倍数で考えるとうまくいく/短時間×多人数で機能するローテーションを組む/ねたみ、そねみ、嫉妬の撲滅計画/どれだけ園のことが好きか、職員にはそれが問われている/トップは目の前のひと、こと、ものを大事にする/職員たちに園の通帳を見せる!?/トップダウンは男性型職場・ボトムアップは女性型職場。これからは女性型

 

 

第4章 ぼくの新卒・中途採用「人材集め」戦略

 

現場が求めているのは猯忰瓩貌れる人材/ほしい人材を集めるための4つの方式/発想の転換から人材市場を考える!?/奈良県の新卒市場は200人に対し、300人以上の求人がある-------ひしめき合う市場で熾烈な競争!/学校の就職課へは何度でも通い、教師や担当者と信頼関係を築く/バスツアーや年中行事で、現場の職員と話す機会を設ける/潜在保育士にどうやって採用情報を届けるのか?/親子が集まれる公共コミュニティをつくり情報を置く/広告不要! 心を動かす職員からの口コミが人材を集める!!

 

 

第5章 「女性を活かす柔軟な雇用」で町おこしを

 

理想の犖綏儕狡広瓩箸呂匹鵑並減澆?/経営者は利用者を見なければいけない/人が辞めない職場には理念がある/女性の複雑な就労条件には、企業から歩み寄れ/これからは、保護者から選ばれる保育園が求められる時代に/史上初、町長兼園長を目指す!/保育園事業もまた、町おこし-------保育園事業を中心に置いた私なりのビジョン

 

 

 

【著者プロフィール】

章浩(もり あきひろ)

1975年、奈良県生まれ。現在奈良県田原本町町長。1994年、西大和学園中・高等学校卒業。1998年、京都大学農学部水産学科卒業。同年アメリカVanderbilt University COPE へ留学。1999年、白鳳女子短期大学就職課を経て、2001年から祖父が創業した家業の社会福祉法人愛和会で2015年まで園長を務めるとともに、系列園の管理運営も担う。

保育士の人材育成・採用方法を独自に生み出し「次世代育成支援対策推進法に基づく企業」に保育園として初認定される。厚生労働省均等・両立推進企業表彰、奈良県労働局長優良賞は、いずれも保育園として全国初の受賞となる。

子育て支援を実現するため、NPO法人「子育てすこやかサークル」を立ち上げ、初代理事長に就任。子育て支援拠点事業「にぎわいプラザ」「すこやかひろば」開設に至る。田原本町教育委員会教育委員長、一般社団法人檀原青年会議所第42 代理事長を歴任し、数々の活動をする中で幅広いネットワークと信頼を得る。